ストレスや冷え、むくみ、不眠、便秘、首・肩こりなど、心身の不調に合わせたアロマトリートメントで症状の改善を目指します。

メディカルハーブとアロマの自然療法室

札幌 HERB GARDEN

札幌駅近くでオーガニック精油を使用したアロマトリートメント

アクセス

JR札幌駅10分
地下鉄さっぽろ駅
16番出口から7分

月経(生理)症状

【アロマセラピストがおすすめする】
月経(生理)症状に効くアロマテラピー

女性の体は女性ホルモンの影響を受け、思春期から更年期までの間、月経周期に関わるトラブルが起こりやすくなります。月経周期に関わる婦人科系症状について、おすすめの精油とアロマテラピーをご紹介します。

女性ホルモンについて

女性ホルモン

女性の体は女性ホルモンの影響を強く受けており、思春期から更年期にいたる長い間、ホルモンのバランスによって心身の健康が保たれています。
女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)と、プロゲステロン(黄体ホルモン)が
あり、
仕事や家庭生活、環境の変化などで強いストレスがあると、ホルモンバランスが乱れ、腹痛、不眠、ほてり、頭痛、月経不順などの症状を招くことがあります。

月経(生理)症状に効くアロマテラピー

一般的に起こりやすい月経にまつわる症状について、症状別におすすめの精油と精油を使用したアロマテラピーをご紹介します。

月経不順におすすめのアロマテラピー

正常な月経は25~38日の周期で繰り返され、期間はだいたい3~7日くらいです。
月経周期が39日以上になったり、24日以下になるものを月経不順といいます。
思春期や更年期、ストレスや無理なダイエットによって月経周期が不安定になったり、
月経が止まってしまうこともあります。

おすすめ精油

クラリセージ、ゼラニウム、フェンネル、ローズ

アロマテラピー

✿ アロマバス

バスタブにぬるめのお湯をはり、上記のお好きな精油3滴を落としてよくかき混ぜ、香りを楽しみながらゆったりと入浴します。

※強いストレスがある場合は、リラックス作用のあるラベンダー、ジャスミン、イランイラン、ネロリの精油もおすすめです。

✿ アロママッサージ

植物オイル20mlに上記の精油どれか4滴以内を入れてよく混ぜたアロマオイルを下腹部に塗り、円を描くようにやさしくマッサージします。脚や腕、背中などにも塗布するとよいです。あらかじめオイルを湯せんなどで温めておくとよいです。
           毎日、香りを楽しみながらおこないましょう。

月経前症候群(PMS)におすすめのアロマテラピー

月経が始まる3~10日ほど前から心身にさまざまな不快症状があらわれ、月経が始まると消えてしまう症状をいい、主にホルモンのアンバランスが原因です。
症状としては、イライラ、うつ気分、腹痛、吹き出物、肌荒れ、頭痛、むくみ、便秘、などがあります。また、ストレス、過労、運動不足、長時間同じ姿勢、栄養不足などによって悪化する場合もあります。

イライラにおすすめの精油とアロマテラピー

おすすめ精油

クラリセージ、ゼラニウム、ラベンダー

アロマテラピー

✿ 芳香浴
上記のお好きな精油で、ディフューザーやアロマポットを使用し、空気中に精油の香りを拡散させ、香りをゆっくりと嗅ぎます。
職場ではティッシュに精油を1滴落としてデスクに置いておくと、ほのかに香りがして心が落ち着きます。

✿ アロマバス
バスタブにぬるめのお湯をはり、上記のお好きな精油3滴以内を落としてよくかき混ぜ、香りを楽しみながらゆったりと入浴します。
目を閉じてゆっくり深呼吸をし、香りを嗅ぎましょう。
よく眠れない時はラベンダー精油をメインに使用するとよいです。

 

✿ アロママッサージ
ホホバオイルなどの植物オイル20mlに上記のお好きな精油4滴以内を入れてよく混ぜたアロマオイルを脚や腕、お腹、背中、デコルテなど全身に塗布し、やさしくマッサージします。
毎日、香りを楽しみながらおこないましょう。

落ち込み、うつ気分におすすめの精油とアロマテラピー

おすすめ精油

クラリセージ、ゼラニウム、スィートオレンジ、マンダリン、ラベンダー

アロマテラピー

✿ 芳香浴
上記のお好きな精油で、ディフューザーやアロマポットを使用し、空気中に精油の香りを拡散させ、香りをゆっくりと嗅ぎます。
職場ではティッシュに精油を1滴落としてデスクに置いておくと、ほのかに香りがして落ち着きます。

✿ アロマバス
バスタブにお湯をはり、上記のお好きな精油3滴以内を落としてよくかき混ぜ、香りを楽しみながらゆったりと入浴します。
目を閉じてゆっくり深呼吸をし、香りを嗅ぎましょう。
 

✿ アロママッサージ
ホホバオイルなどの植物オイル20mlに上記のお好きな精油4滴以内を入れてよく混ぜたアロマオイルを脚やお腹、腕、背中など全身に塗布し、やさしくマッサージします。
毎日、香りを楽しみながらおこないましょう。

むくみにおすすめの精油とアロマテラピー

おすすめ精油

ジュニパー、グレープフルーツ、

アロマテラピー

✿ アロマバス
バスタブにお湯をはり、上記のお好きな精油3滴以内を落としてよくかき混ぜ、ゆったりと入浴します。
お湯の中で、むくみが気になる脚や手などをマッサージすると効果的です。足の指先から太ももの付け根に向かってもみほぐします。

 

✿ アロママッサージ
ホホバオイルなどの植物オイル20mlに上記のお好きな精油4滴以内を入れてよく混ぜたアロマオイルを、むくみが気になる脚や手などに塗布し、マッサージします。
脚は、足の指先から太ももの付け根に向かって何度も流しながら、もみほぐし、アロマオイルをよく浸透させます。

肌荒れ、吹き出物におすすめの精油とアロマテラピー

おすすめ精油

クラリーセージ、ゼラニウム、ラベンダー、ローマン・カモミール

アロマテラピー

✿ アロマ化粧水

スプレー容器などの保存容器にグリセリン小さじ1/2を入れ、上記のお好きな精油4滴以内を加えて混ぜたら、精製水100mlを注ぎます。容器のふたを閉めて上下によく振って混ぜたら化粧水の完成です。

【使い方】

朝と晩、使う度に容器をよく振ってから、気になる肌にスプレーし、上からやさしく手で押さえて肌に浸透させます。

※ 敏感肌の方は精油の滴数を少なくし、使用前に皮膚に刺激がないか少量で確認してください
※ 直射日光に当たらない冷暗所で保管し、1ヶ月以内に使い切ってください。

便秘におすすめの精油とアロマテラピー

おすすめ精油

フェンネル、ペパーミント、スィートオレンジ

アロマテラピー

✿ アロマバス
バスタブにお湯をはり、上記のお好きな精油3滴以内を落としてよくかき混ぜ、ゆったりと入浴します。
お湯の中で、お腹を時計回りにゆっくりとマッサージします。押したり、揉んだり、小さく円を描きながら、下腹部に刺激を与えます。

 

✿ アロママッサージ
ホホバオイルなどの植物オイル20mlに上記のお好きな精油4滴以内を入れてよく混ぜたアロマオイルを、お腹(下腹部)に塗布し、時計回りにマッサージします。押したり、揉んだり、小さく円を描きながら、下腹部に刺激を与えます。

頭痛におすすめの精油とアロマテラピー

おすすめ精油

ペパーミント、ラベンダー

アロマテラピー

✿ 芳香浴
上記のお好きな精油で、ディフューザーやアロマポットなどを使用し、香りを嗅ぎます。
ティッシュに精油を1滴落として香りを嗅いでもよいです。

✿ アロマオイル塗布
植物オイル10mlに上記のお好きな精油2滴を入れてよく混ぜたアロマオイルを、こめかみに塗布し、軽く押したり、小さくくるくる回したりしながら、こめかみに刺激を与え、アロマオイルを肌に浸透させます。
 

月経痛(生理痛)におすすめのアロマテラピー

下腹部痛や腰痛などの月経痛(生理痛)が非常に重く、3日間ほどで治まる鈍痛から、鎮痛剤を必要とするほどの激痛まで様々です。
子宮筋腫や子宮内膜症などの病気がかかわるものもありますが、特に子宮や卵巣に異常が認められないものがあり、その場合は骨盤内のうっ血を改善したり、入浴などで全身の血流をよくすることで痛みが緩和されたりします。

おすすめ精油

クラリセージ、ラベンダー、ゼラニウム、プチグレン、ジャスミン、ローズ

アロマテラピー

✿ アロマバス
生理痛や腰痛はお腹を温めると緩和されることが多いです。バスタブにお湯をはり、上記のお好きな精油3滴を落としてよくかき混ぜ、香りを楽しみながらゆったりと入浴します。

アロママッサージ
ホホバオイルなどの植物オイル10mlに上記のお好きな精油2~3滴を入れてよく混ぜたアロマオイルを、症状のある腹部や腰に塗布してマッサージします。腹部はやさしくおこないましょう。
あらかじめオイルを湯せんなどで温めておくとよいです。

アロママッサージやアロマバスをする際の注意点

アロマテラピーで使用する「精油」は、植物から抽出した100%天然のものですが、

天然の植物成分だからといって、全ての人間に安全でやさしいわけではありません。

精油を使用する際には、体や皮膚にトラブルが起こらないよう、注意して安全に使用してください。

 

【アロママッサージやアロマバスをする際の精油の注意点】

●精油の滴数を多く入れ過ぎない。

精油の量を多く入れ過ぎてしまうと、肌に刺激が強く、かぶれや湿疹などの肌トラブルや

内蔵など体内にも悪影響を及ぼしてしまう恐れがあります。

使用する精油の量は、上記使用方法の説明の範囲内にしてください。

 

●敏感肌の方の使用は要注意

敏感肌の方は、刺激の強い精油の使用は避け、また、使用する精油の滴数も少なめにして、皮膚に異常が出ないように注意してください。


<刺激が強い精油>

レモングラス、レモンユーカリ、シナモン、クローブ、ローズマリー、レモン、グレープフルーツ、パイン、ティートリー、ユーカリ、ジンジャー、ウィンターグリーン、ジュニパー等

精油はまず1滴からお試しいただき、もし万が一、皮膚がピリピリしたり、刺激を感じた場合は、すぐに使用を中止して、皮膚をよく洗い流してください。

また、皮膚の異常を感じなかった場合でも、入浴後は体をよく洗い、皮膚に精油が残ったままにしないようにしてください。

月経(生理)症状におすすめのアロマトリートメント

当店では、アロマトリートメントをおこなっております。

ご体調に合わせたオーガニック精油と最高級ホホバオイルを使用し、全身をトリートメントいたします。

気持ちの良いマッサージで、女性ホルモンのバランスを整え、生理不順やイライラ、むくみ、便秘などのお辛い症状を改善します。

辛い症状にお悩みの方は、ぜひ一度お試しくださいませ。

ご予約・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

札幌駅近くにある当店では、ご体調に合わせた
アロマトリートメントをおこなっております。

気持ちのよいマッサージでリラックスしながら、
お悩み症状を改善します。

ご来店を希望される場合は、お手数ですが、
予約フォームにて、ご予約をお願いいたします。

受付時間:9:00~16:00